宮座の準備
しめ縄作り
 毎年10月の第3日曜日に行われる宮座のお世話を1年交代で行われます。次のしめ縄のお世話は10年後までありません
TOPへ 欠塚熊野神社

 昨年作られたしめ縄をはずして、10月16日におこなう宮座の為に新しく作り直します。
今年の新しい稲わらを軟らかくしている所です。機械は40〜50年ほど前に作られた藁しゃぎ機で、これに何回も通し軟らかくします。良く出来ていないとしめ縄の出来に影響しますので楽しみながらも真剣です。
子供の頃農家の手伝いを思い出したかのような、生き生きした弾む心で楽しんでる、団塊の世代皆さんです。
壊れた!
しめ縄作り始め 軟らかくなった稲藁をきれいに揃えます。
揃えた稲藁を一握りずつ入れ込んで左に巻きながら大きさを調整しながら進んでゆきます。
3名が掛け声を掛けながら力を合わせてねじって作ります
しめ縄の仕上げはハサミで散髪してできあがり
最後の取り付けかたに決まりがあり間違えないように・・・・
TOPへ

〒833-0002福岡県筑後市大字前津1651-21
翠匠園 代表 橋本作次郎
TEL  0942-53-3981
FAX  0942-53-8174
 e‐mail yokaha@yokahana-suishoen.com
http://yokahana-suishoen.com